必須になっている

本

女性の社会進出が必須になってきました。少子高齢化が進む日本では、将来の労働者不足が心配されています。今まで、家庭に眠っていた女性の労働力を期待する声は、高まっています。しかし、現状は、保育園の不足による待機児童の問題など、課題がたくさんあります。そこで、国や都道府県のみに、待機児童解消を押し付けるのではなく、企業の努力も期待する意味で、企業内保育が注目を浴びています。そのメリットは、子供との距離が近いので、母子共に安心感があります。また、企業イメージも上がりますから、より優秀な人材確保に繋がります。デメリットとしては、オフィス郡にある保育所ですから、園庭の確保が難しいため、子供の成長にマイナスな面も出てきます。赤ちゃんの頃は良くても、活発になる年齢になると、他の保育所に移るケースもあります。また、通勤電車に子供を連れて乗ることもマイナス面として挙げられます。

企業内保育所を開設するためには、専門家によるノウハウが必要です。国や都道府県も後押しをしてくれますが、専門支援サービスも豊富にあります。実際に保育所を運営している実績のある業者が、様々なアドバイスをしてくれます。建物や設備などのアウト面は、企業が用意するわけですが、運営や人材募集に関する面でサポートをしてくれます。企業内保育所は、そこで働く従業員の為のものですから、開設にあたっては、アンケート等を行い、彼らの声を聞くことが大切です。いざ、企業内保育所を開設しても、従業員のニーズに合っていなかった為、利用者が集まらなかったという例もあります。運営がままならない為、仕方なく、地域の利用者を募ることになるケースもあります。そう言った意味でも、経験が豊富なサービス機関のサポートが有効です。